マーケット リポート

金は先週から100ドル以上上昇している

アジアと欧州の夜間取引で1オンスあたり1,821ドルの安値に達した後、金は新たな買いにより、すぐに1,850ドルレベルを突破しました。 1,850ドルを突破した後、トレーダーは空売りをカバーし始め、金は1オンスあたり1,865ドルを超えるまで上昇を続けました。 議会が9,080億ドルのCOVID...

詳しくはこちら

米景気刺激策法案の進展とドル安

本日、11月の非農業部門雇用者数が発表され、予想を大きく下回りました。 これは、パンデミックの影響で雇用が大きく減速していることを示しています。 また、ドル安や米景気刺激策法案の進展も見られています。 金は、週末の売りが見られる前に、当初は高値で取引され、ほぼ1,850ドルに到達しました。 ...

詳しくはこちら

刺激策パッケージの話題が、貴金属の価値をあげ続ける

米ドルは下落を続け、本日の安値90.52に達し、2年半ぶりの安値を記録しました。 さらに、主要議員がCOVID-19援助刺激策に取り組んでいるという今日の報告は、貴金属にとって非常に上昇要因となります。 刺激策パッケージの大きさと、誰がお金を得るかが交渉のポイントになります。 金は先月末に1,...

詳しくはこちら

刺激策についての新しい話題が金を上昇させる

本日、米ドル安(91.27)と、COVID-19の刺激策の議論が議会で再開されたことがあいまって、金価格が上昇しました。 ゴールドは欧州取引で1,800ドルの重要なレベルに達し、突破したときに、短期回復を確認できました。 この短期回復により、ゴールドはいくつかの軽い短期的な利食いを見る前に、1,...

詳しくはこちら

金・銀価格が長期サポートレベルに到達

①先週金曜日、金相場は、1オンスあたり1,782ドルと、1週間を90ドル(4.8%)安で終わらせました。 ここ半年で一番の安値であり、1,800ドルのサポートレベルを割り込んだことは、良い指標とは言えないでしょう。 11月初旬に1,960ドルから下落した後、ゴールドは長期的な1,750ドルのサポ...

詳しくはこちら

優れたワクチンニュースが金に影響

今朝は、米ドルは下落(92以下)したものの、優れたワクチンのニュースにより2年ぶりの安値を記録しました。 金は、取引開始早々に1,765ドルの安値に達しましたが、15ドル上昇することができました。 本日(2020/11/30)午前11時(太平洋時間)では、金は1オンスあたり1,780ドルで取引さ...

詳しくはこちら

連休中、ヨーロッパ・アジア市場が金を方向付ける

本日、米ドル安により、金は少し上昇しました。 今朝、シティグループは2021年に金がオンスあたり2,500ドルになるとの予測を打ち出しています。 アメリカでは今週末は連休となる(11/26は感謝祭)ため、ヨーロッパ・アジア市場が金の方向性を決めていくでしょう。 本日(2020/11/25)午前...

詳しくはこちら

ダウ平均株価が最高値へ

本日、今後の6〜12ヶ月以内の経済回復への楽観的な見方から、ダウ平均株価が史上最高値である30,000に達しました。 今後の景気刺激策のための法人税増税やキャピタルゲインの上昇が予想されているにもかかわらず、このような見方がされています。 金は1オンスあたり1,800ドルの200日移動平均線を試...

詳しくはこちら

金・銀価格はサポートレベルを簡単に突破

先週は、安値1,850ドルから高値1,898ドルまで取引され、1オンスあたり13ドル安の1,872ドルで取引を終えました。 8月22日以降、金は1オンスあたり1,850ドルのサポートレベルを7回テストし、維持しています。 3ヶ月間のベース構築と統合の期間があることから、今後のラリーは強いものにな...

詳しくはこちら
12345...10...14