マーケット リポート

製造業のPMI(購買担当者指数)が、予想を上回る数字

今週アメリカでは、木曜日が感謝祭となるため金融市場が休場となり、金曜日は短時間の取引となる予定です。 本日、11月の米製造業のPMI(Purchasing Managers Index:購買担当者指数)が発表され、10月の53.4を上回る65.7を記録しました。 エコノミストの予想は52.5でし...

詳しくはこちら

刺激策への希望を更新し、金のラリーを助ける

議会からのコロナウイルス刺激策への期待が高まったことが、今朝の金相場を支えました。 ムニューシン財務長官は、今週中に民主党、共和党の指導者と会合を持ち、すべてのオプションを議論して合意に達することを発表しました。 金は当初1,880ドルまで上昇しましたが、小幅な売りが出ました。 今日(2020...

詳しくはこちら

金・銀ともに横ばい、刺激案のニュースを待っている

米国の金融市場では、「すぐには刺激策が出てこない」というのが主な見方です。 金価格はこの見方に反応し続けています。米連邦準備制度理事会(FRB)や議会の景気刺激策が見えてくるまでは、金価格は新たな買いに積極的になれず、金価格を新高値へと押し上げることができません。 金は、過去3ヶ月で7回目となる...

詳しくはこちら

金は長期のサポートレベルを試す

過去3ヶ月の間で6回目となった金の長期サポートレベルは、昨夜、1オンスあたり1,863ドルの安値に到達しました。 金は間違いなくこのレベルの上での優れたサポートを示しています。 本日、金は狭い取引レンジを形成したあと、1,880ドルまで回復しました。本日(2020/11/18)午前11時(PT:...

詳しくはこちら

金はタイトな幅で取引

最近、非常に不安定な金価格がサポートレベルを試し続けてきましたが、今日、金がサポートレベルを超えてタイトな取引幅の中で取引されているのを見ることができました。 この15時間の間、金は1オンスあたり1,883ドルから1,893ドルの間で取引されており、1,900ドル以上に戻る準備をしています。 米...

詳しくはこちら

別のワクチンにより貴金属価格はラリー

今朝、また別のCOVID-19ワクチンのアナウンスが発表されました。 モデルナ社はプレスリリースで、94.5%の有効性を持つワクチンを第3段階のテスト中であると発表しました。 このワクチンは、ファイザーのワクチンのように低温での取り扱いを必要としません。 当初、金価格はアジアの高値であるオンス...

詳しくはこちら

金・銀は強気の道へ戻る

先週は、COVID-19ワクチンが90%以上の効果があるというファイザー社のコロナウイルスワクチンのニュースが発表された後、月曜日に金が97ドル下落したことから始まりました。 この発表は、世界の金融市場に、このパンデミックに終止符を打つためのロードマップを持っているという確信の一撃を与えました。 ...

詳しくはこちら

金銀は新たな需要でラリーを開始する

本日、10月のPPI(生産者物価指数)が予想を少し上回って0.3%上昇したことを確認しました。 今年のインフレ指数は依然1.1%という低い数字を継続しています。 コロナウイルスの感染は世界中で記録的な高水準まで増加しており、経済を縮小させています。 貴金属市場は、金と銀が新たな需要によって上昇...

詳しくはこちら

金はベース構築の次のラウンドへ

今朝のアジア/欧州取引で1,862ドルの安値に達した後、金は直近の高値である1,885ドルに戻ってきています。 最近の金の取引は、1,850ドルの長期サポートレベルの上で、ベース構築の次のラウンドを示していると思います。 最近のワクチンのニュースに対する反応は過剰で、世界の金融市場は今日の動きで...

詳しくはこちら

米ドルインデックスが金に影響

金は、この2週間高い変動を記録しました。 先週末には1,965ドル以上まで上昇し、月曜日にはワクチンのニュースで下落しました。 月曜日以降、金は1,850ドルのサポートレベルをテストし続けており、持ちこたえています。 今日は、米ドルインデックスがキーとなる93レベルの上に戻ってきており、これは...

詳しくはこちら
1...23456...10...14