マーケット リポート

欧州中央銀行、COVID-19の刺激政策を維持する

今朝、金は、米ドル安と、欧州中央銀行がCOVID-19刺激政策を継続するとのニュースを受けて上昇しました。 トレーダーはまた、明日発表される米国の失業保険請求のデータがネガティブなものになると予想しています。 金は、重要な1,950ドルのレジスタンスレベルを突破し、短期的な利益取得の前に1,96...

詳しくはこちら

トレーダーは明日のインフレ予想に期待

本日、米ドルが短いラリーを行った後、急落が見られ、金価格が1オンスあたり10ドルで上下しました。 トレーダーは、明日の欧州中央銀行(ECB)の会合でインフレ予測が発表されることを楽しみにしています。 本日(2020/09/9)の午前11時(PT:太平洋時間)、金は1オンスあたり1,947ドルで取...

詳しくはこちら

金/銀を合法化した、または合法化を検討している12の州

ウエストバージニア州、ユタ州、ルイジアナ州、テキサス州、オクラホマ州では、米国で鋳造された金・銀を法定通貨とし、州によっては非課税とする法案が可決されています。 ワイオミング州、アリゾナ州、カンザス州、インディアナ州、ミズーリ州、テネシー州、サウスカロライナ州では、法案が提出され、現在審議中である...

詳しくはこちら

取引範囲内の金/銀 (2020年パラジウム・イーグルニュース)

先週、金は最近の利益を固め続けたため、1オンスあたり1,910ドルの安値から1,990ドルの高値まで取引されました。 先月8月、金は1オンスあたり2,070ドルの史上最高値に達し、6回2,000ドルを超えて取引を終了しました。最近のゴールドの大きな買い手は誰かと思っていたら、ロシアだったようで、先...

詳しくはこちら

米国市場が開くと安物買いで金は上昇

アメリカでは9月7日は祝日でマーケット休業日でした。 3連休の週末をこえて、金価格は米ドルインデックスの上昇で安値1,905ドルに達しました。 米国市場が開くと、金は安物買いですぐに1,920ドルを超えて上昇しました。 本日(2020/09/8)の午前11時(PT:太平洋時間)、金は1オンスあ...

詳しくはこちら

農業以外の非雇用者割合減少のニュースにより、金と銀が価格反発

本日、8月の農業以外の非雇用者割合が、7月の10.2%から、8.4%に下がったことが報告されました。 多くの経済学者はもっと悪い数字を想像していたので、このレポートは良いものとして捉えられ、米ドルインデックスは上昇しました。 金価格はこのニュースを受けて、1オンスあたり1,915ドルまで下落しま...

詳しくはこちら

市場アナリストは米雇用統計の方向性に注目

米ドルの短期的な上昇が続いていることが、今日の金価格に圧力をかけています。 金は、欧州で1,920ドルレベルにひとつの基準を見つけ、取引の大半はこのレベルの上で推移しています。 1.920ドルから1,990ドルの間で固まっており、1オンスあたり2,000ドルへの次の動きのための強力なベースを構築...

詳しくはこちら

他の州も、金の投資を開始するでしょうか?

堅調な米国製造業レポートとドルインデックスの上昇により、金は取引開始早々に売りを見せました。 金は安値買いが入る前にオンスあたり1,933ドルの安値に達しました。 金に関連する強気のニュースとしては、オハイオ州が160億ドルの年金基金の5%を金投資に割り当てました。 これは、多くの州が金に同様...

詳しくはこちら

金は2,000ドルの壁を破る勢い

金は、アジアと欧州の前半の取引で2,000ドルの壁を破る勢いで、1オンスあたり1,995ドルの高値に達しました。 2,000ドルを突破するのに十分な需要がなかったため、売りが入り、価格は1オンスあたり1,970ドルまで下落しました。 次回はより高いベースから始まり、壁を突破する可能性が高いと信じ...

詳しくはこちら

金価格の基盤構築

金は昨夜、新たな買いが入る前に1,958ドルに達しました。 買い手は金価格を1,974ドルまで上昇させた後、素晴らしい双方向取引を行いました。 金価格は、9月に2,000ドルを超えるためのしっかりとした基盤を構築しているため、1,950ドルから2,000ドルの間で取引されるのは良い兆しです。 ...

詳しくはこちら
1...89101112...14