マーケット リポート

議会でのシリアスな議論により、金に勢い

ドルインデックス(90.25)の安さと、9000億ドルのCOVID-19景気刺激策に関して、議会でのシリアスな議論が再開されたことのが相まって、金に勢いを与えました。 金は、市場が米国に転じて短期的な利食いを見る前に、欧州取引で高値1,866ドルに達しました。 本日(2020/12/16)午前1...

詳しくはこちら

本日は1850ドルを超えて上昇、短期的なトレンドに影響

金は昨日、1,820ドルレベルに到達し、底打ちになったように見えます。 米ドルインデックスがほぼ2年ぶりの安値(90.50)にあることから、欧米では金の買いが再開されています。今日の1,850ドル以上の動きは短期的なトレンドにとって非常に重要であり、週明けまでに1,850ドル以上を維持することが必...

詳しくはこちら

金と銀の価格は刺激策を待っている

①先週の金価格は、1オンスあたり1,822ドルから1,875ドルの間で取引され、1オンスあたり1,836ドルで取引を終え、今週は基本的に横ばいで取引されました。 議会からの刺激策のニュースがなく、ドル円は90~91の狭いレンジで取引されているため、金価格は同じパターンを維持しています。 先週金曜...

詳しくはこちら

金はサポートを見つける

景気刺激策法案に関する議会からのニュースを待つ中、金は今朝、オンスあたり1,820ドルレベルのサポートを見つけています。 市場に新たな買い手が入り、米国市場は1オンスあたり10ドル上昇しました。 本日(2020/12/14)午前11時(PT)現在、金は1オンスあたり1,829ドルで取引されており...

詳しくはこちら

生産者物価指数は、インフレ率が低いことを示す

11月の生産者物価指数がインフレ率の低さを示していることから、本日の金はオンスあたり1,824ドルから1,848ドルの間で取引されています。 本日の前半の取引では、欧州からの新規買いが金価格をサポートしています。 本日(2020/12/11)午前11時(PT)現在、金は1オンスあたり1,840ド...

詳しくはこちら

貴金属トレーダーは議会の決断をまっている

金はオンスあたり1,830ドルから1,850ドルの間で取引が続いており、刺激法案のニュースをまっています。 米ドルが狭いレンジで取引されているので、貴金属トレーダーは議会がコロナウイルスに対しての援助を決定するのをまっています。 本日(2020/12/10)午前11時(PT)現在、金価格は1オン...

詳しくはこちら

刺激法案のネガティブなニュースとドル高が金価格を押し下げる

米議会のCOVID-19景気刺激法案の進捗状況に関するネガティブなニュースとドル高が、今朝の金価格を1,830ドルまで下落させました。 短期的な方向性をポジティブに保つために、金曜日までに1,850ドル以上に戻ってくることを期待したいと思います。本日(2020/12/9)午前11時(PT)現在、金...

詳しくはこちら

米ドルよりも刺激法案の話題が、金に影響

米ドルが上昇していますが、それよりも、議会から9,080億ドルの景気刺激法案が出てくる可能性が高いことが、はっきりと金に影響しています。 金価格は今週、期待されていた通りの動きをしています。 1,850ドルから1,900ドルのレンジで活発に取引されており、次の上昇に向けてしっかりとした基盤を築い...

詳しくはこちら

金・銀は年末に強気のラリーを開始

12月は金、銀ともに強気の軌道に戻ってスタートしました。 今週、9,080億ドルのCOVID-19援助刺激法案が可決される可能性が高く、ドル安が継続しているため、金は引き続き高値を維持する必要があります。 他の欧州やアジア諸国の経済が米国よりもはるかに速いペースでCOVIDパンデミックから回復し...

詳しくはこちら
12345...10...13