マーケット リポート

金と銀の爆発的な高値と、高値の更新

金は先週水曜日に1オンスあたり1,981ドルという史上最高値を更新し、1オンスあたり65ドル上昇して1,962ドルで今週を終えました。金は間違いなく絶好調で、8週連続で上昇しています。 先週は、何が金価格の上昇を促しているのかを説明しました。 今、私が金価格が大幅に上昇していると考える理由をお伝...

詳しくはこちら

ゴールドとシルバーの優れたベースビルディングと地固め

アジアとヨーロッパでの一晩の取引、および米国での初期の取引において、金は1オンスあたり1,960ドルから1,980ドルの間で取引されています。 最近の上昇を考慮すると、これは金の価格の卓越したベースビルディングと地固めとなります。 今日(2020/08/03)の午前11時(PT:太平洋時間)では、ゴ...

詳しくはこちら

米ドルの価値と米国債利回りの低下により、金が上昇

7月初旬には97.23で取引されていた米ドルインデックスは、わずか1ヶ月で92.62まで下落し、わずか30日で5%という驚異的な下落を記録しました。 米ドルの価値が下落し、米国債利回りが歴史的な低水準にまで低下したことが、金が上昇を続ける理由となっています。 金は巨大な基盤を構築しているため、昨...

詳しくはこちら

8月に2,000ドルに向かう金  2020/07/30

昨晩はベア(下落)が現れ、バーゲンバイヤーが現れる前に金価格を1,937ドルまで押し下げることができました。最近の上昇以来、小規模な売りが予想されますが、1,950ドルレベル付近がサポートとなることを期待しています。現物需要は依然として強く、8月には間違いなく2,000ドルに向かっています。本日午前...

詳しくはこちら

根強いコイン投資への需要 2020/07/29

米国債と米ドルの利回りは低下し続けており、金は1オンスあたり2,000ドル台を維持しています。 人気のあるゴールドコイン投資への需要は旺盛です。 今日の午前11時(PT:太平洋時間)では、金は1オンスあたり1,960ドルで取引されており、優れた取引量で3ドル増加しています。...

詳しくはこちら

アジアとヨーロッパの刺激的な夜間取引

アジアとヨーロッパの夜間市場では、金が1オンスあたり1,974ドルの高値に達し、刺激的な取引が行われました。 投資家が利益を得る前に、この史上最高値に達し、その後価格は1,907ドルまで下落しました。 今日の午前11時(PT:太平洋時間)現在、1,957ドルで取引されており、大量の取引量によって...

詳しくはこちら