マーケット リポート

強くなるドルによって金が上昇

昨日1オンスあたり1,856ドルの安値に達した後、金は安物買いで20ドル上昇しました。 この上昇は、ドル高、株式市場、金利上昇の動きを受けてのものです。 金はキーとなるサポートレベルである1,850ドルをテストして持ちこたえましたが、短期的な上昇トレンドを維持するためには、1,900ドル以上に戻...

詳しくはこちら

金がサポートレベルをテストする刺激的な一週間

① 先週、金は1オンスあたり72ドルと大暴騰し、素晴らしい取引量で1,951ドルで週を終えました。 これは9月18日以来の高値です。ゴールドの上昇の大半は、先週木曜日にジョー・バイデン氏が次期大統領になる可能性が示唆されたことで起こりました。 木曜日、ニューヨークCOMEXでは、人気のある12月...

詳しくはこちら

ポジティブなワクチンのニュースで金が急下落

ファイザーが90%の効果を持つCOVID-19ワクチンを持っているという今日のニュースは、相場に大きな変化をもたらしました。 今日は、最も人気のあるセーフヘイブン(安全な避難先)投資である金が売られ、株式市場が急騰しています。 現在のパンデミックからの回復への考えが、今日の投資家の戦略変更を促し...

詳しくはこちら

貴金属市場は選挙結果によりさらに高く

ジョーバイデン氏が次期大統領に近くにつれ、貴金属市場はさらに高くなっています。 夜間取引では、金価格はオンスあたり1,935ドルの安値から1,961ドルの高値までの間で取引されました。 覚えておいてください。1,950ドルはキーとなるサポート/レジスタンスレベルであり、今日および次の月曜で1,9...

詳しくはこちら

金はロケットのように高騰

大統領選挙がまだ決着しておらず、バイデンに絶好のチャンスがあることから、市場が反応しています。米ドルは急落(93ドル以下)し、金と銀は高騰しました。 金は、大規模な新規買いでオンスあたり1,953ドルの高値に達しました。 今日(2020/11/5)の午前11時のPT(太平洋時間)では、金は1オン...

詳しくはこちら

マーケットは勝者宣言をまっている

金は、アジアと米国市場の取引時間中、1,900ドルレベル近辺を推移しました。米国の大統領選挙ニュースが夜通し流れる中で、マーケットは勝者宣言が出るのをまって宙に浮いています。 アメリカ大統領選で勝者が宣言すると、金の価格にも影響が現れるでしょう。 今日(2020/11/4)の午前11時のPT(太...

詳しくはこちら

選挙日に金はキーとなる高値に返り咲く

選挙の日、金は1オンスあたり1,900ドルの重要なサポート/レジスタンスレベルを突破しました。 この金のブレイクアウトは、今朝94レベルを下回って動いた米ドルによるものです。 米ドルインデックスは現在93.53で取引されています。 今後数日間、貴金属市場がどのように取引されるか楽しみです。 ...

詳しくはこちら

金と銀は、上昇の軌道に戻ろうとしている

① 先週の水曜日、1,900ドルのサポートレベルを下回ってから、金は上昇を始める前に1,859ドルの安値に到達しました。 金は1オンスあたり1,880ドルでその週を終え、重要なサポートレベルである1,900ドルを下回り、1週間で24ドル低下しました。 すぐに大規模なラリーを始め、オンスあたり...

詳しくはこちら

トレーダーは、キーとなる10月の米国製造業レポートを待ち望んでいる

金価格は今朝、オンスあたり1,890ドルのレベルに戻ったことで、素晴らしい強さを見せています。 この上昇のトレンドを再開するため、今週中に1,900ドルのキーレベルに移行する必要があるでしょう。 多くのトレーダーは、経済を健全性を指し示してくれる、10月の米国製造業レポートを待ち望んでいます。 ...

詳しくはこちら

金は強気の道に戻る

金は、オンスあたり1,880ドルまで回復し、強気の道に戻っているように見えます。 昨日の前半の取引で、1,859ドルの安値に達した後、需要が増大したことで、下落が止まり上昇し始めました。 金が強気である一つの素晴らしいサインとして、米ドルインデックスが94を持続し、欧州の国々がCOVID-19の...

詳しくはこちら
1...34567...10...14