1847年 ヴィクトリア女王 ゴシッククラウンPCGS PR63


1847年 ヴィクトリア女王 ゴシッククラウンPCGS PR63です。
銘字にブラックレター(英語でgothicと呼ばれる)を用いたのでゴシッククラウンと呼ばれるようになりました。
170年以上前のものとは思えない美しい彫刻、銀貨本来の持つ輝きに重厚感が加わったその姿は歴史の重みさえ感じさせます。
直径38mm、重さ28.2759gはまさに「銀貨の王様」の名にふさわしい堂々たる大型銀貨です。
発行枚数はわずか8000枚。
このクラウン銀貨は数ある世界の大型銀貨の中でも、ひときわ見栄えがする美しいものであるためコイン収集家の間では人気が高く、世界で最も美しい銀貨との評判が高いコインです。
またその美しさから一度手に入れたらなかなか手放せない、という方が多く、市場に出回っているものも年々価格が高騰しております。
事実上の記念貨として発行されましたが、クラウン銀貨自体の供給量が限られていた当時、一般市場で流通用として使用されたものも多くありました。
その為、記念大型銀貨でありながら状態の差異には幅が見られます。
また残念ながら日本国内だけではなく、世界中でこのゴシッククラウンは偽物が出回っていると良く耳にします。
裸の状態で持たれている方が多い銀貨であり、且つ人気が高い為、贋作が多いのだそうです。
日本に数多くあると言われている為か、海外での出品が少ないのも事実で、今後更に価値が上昇するコインの代表作といっても良いと思います。
表面には王冠を戴く若き火のヴィクトリア女王の胸像。
【Victoria dei gratia britanniar.reg:f:d.】と印字されており、「英国の女王にして信仰の守護者、神の恩寵によるヴィクトリア」という意味です。
裏面には十字型に配置した【イングランド(3頭の獅子)、スコットランド(獅子)、アイルランド(ハープ)の盾】
そして各地域の象徴である【バラ、アザミ、クローバー】のモチーフが描かれています。
「神よ、連合王国を守り給え 」という意味の【tueatur unita deus anno dom mdcccxlvii】が印字されています。
裏面の王冠の両脇には、コインをデザインした当時の造幣局彫刻部長であった巨匠ウィリアム・ワイオンのイニシャル(王冠の両サイドにWの文字)があります。
エッヂは「UN DECIMO」タイプです。
アメリカのグレーディング会社PCGS社のオリジナルケースに収められており、PR63の高評価を取得しています。
138万円でお取り寄せができます。
https://www.premiumgoldcoin.com/c-item-detail?ic=A000000632