古代ギリシャ プトレマイオス朝紀元前270年オクタドラクマ金貨アルシノエNGC AU 5/5 3/5

 
紀元前のプトレマイオスのオクタドラクマを入手しました。
アレクサンダー大王亡き後、エジプトで花開いたプトレマイオス朝2世の奥様、アルシノエを描いたオクタドラクマ金貨です。
古代の金貨の中ではこれが最も大きく直径28mm 重さも28gほどあります。
表は アルシノエ2世 雄羊のツノ飾りとシタキソウのヴェールをつけた右向きの肖像
裏は豊穣の角、ダブル コーヌコピア ぶどうの房が両側に下がっています。
アルシノエ2世の結婚は2度目が異母兄弟、3番目が実の弟というもので、ギリシャ人たちからは兄弟姉妹を愛するものたちというピラデルポスという名前で呼ばれています。
戦乱のエジプトで夫の連れ子の毒殺や追放など策謀を巡らした女性の肖像をこのコインで見ることができます。
絶世の美女と形容されるクレオパトラはこのアルシノエの子孫に当たります。
このコインも綺麗な姿で目の前に現れてくれていますが、2,300年近く前に作られて時を超えていま存在していることは驚くばかりです。
状態はNGC AU 5/5 3/5と比較的良い状態です。
https://www.premiumgoldcoin.com/c-item-detail?ic=A000000529