フランス1907年100フラン金貨 PCGS MS64

表面:守護神(天使)が憲法を書いており、右には雄鶏が、左には記念碑が描かれています。

雄鶏はフランスの国鳥でもあり第三共和国時代のシンボルでもあります。

死を恐れず勇ましく闘う雄鶏の誇り高き姿が、(古代ローマ)ガリア人兵士の強敵に屈しない勇敢な闘争心と似ていることから、ローマ人は闘う雄鶏のことをガリア(ゴロワ)と呼ぶようになりました。
古代金貨、エレクトラム貨には雄鶏の頭部がデザインされたものもあります。

こちらはフランスの貨幣に登場する伝統的なデザインです。

裏面:リースで囲んだ【100FRANCS】と【1907】の文字が彫られています。

100FRANCSの周りには、フランス共和国の標語【LIBERTE EGALITE FRATERNITE (自由・平等・友愛)】が刻まれていて、これらはフランスの官公庁や学校の校舎など様々な建物の壁面に刻まれている文字です。

エッジ刻印【LIBERTE EGALITE FRATERNITE】

重量約32.2g、直径約35mm。

 

コインの表面に描かれているエンゼルとニワトリのデザインは、フランスの貨幣に登場する伝統的なものです。

大型で見栄えの良いデザインが収集家から人気を集めています。

1907年銘はPCGSにより68枚鑑定されており、トップはMS65、そしてMS64+がそれぞれ1枚のみ。

こちらはトップ3に当たるMS64でございます。

68万円でのお取り寄せです。

 

 

https://www.premiumgoldcoin.com/c-item-detail?ic=A000001171