オーストリア1908年雲上の女神100コロナ金貨 NGC PF61

表面:フランツ・ヨーゼフ1世の右胸像。

刻印【FRANC·IOS·I·D·G·IMP·AVSTR·REX BOH·GAL·ILL·ETC·ET AP·REX HUNG】

裏面:雲上の女神(Lady in the clouds)

刻印【1848 1908 100 COR /DVODECIM LVSTRIS / GLORIOSE PERACTIS】

重量約33.8g、直径約37.0mm。

発行は1908年単年度のみで16,000枚。

 

フランツ・ヨーゼフの治世60年を記念して発行された金貨で、天上で女神になった皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の最愛の妻エリーザベトが、雲上から皇帝に祝意を表している像が描かれています。

1848年、わずか18歳でオーストリア帝国皇帝に即位し、68年間に及ぶ在位を誇ったフランツ・ヨーゼフ1世。

国民からは敬愛を込めて「国父」や「不死鳥」とも呼ばれ、オーストリアの象徴として燦然と歴史にその名を刻んでいます。

今回ご紹介のコインは、フランツ・ヨーゼフの皇位60周年を記念して1908年のみ発行された稀少金貨でございます。

天上で女神になった皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の最愛の妻エリーザベトが、雲上から皇帝に祝意を表している像が描かれています。

女神が抱える盾はオーストリアの紋章である「双頭の鷲」、背景には旭日が威光のように輝き、デザインの美しさに目を奪われます。

芸術性に溢れた大型金貨のため、収集家の間では極めて人気が高く、高グレードの品は海外オークションで驚くほどの高値で取引されています。

世界のコレクターが必ず持ちたいと思う大型金貨の一つではないでしょうか。

298万円でのお取り寄せでございます。

https://www.premiumgoldcoin.com/c-item-detail?ic=A000000847