神聖ローマ帝国1683年レオポルト1世6ダカットメダルPCGS UNC Detail

 
神聖ローマ帝国のレオポルト1世のとてもレアなメダルが鑑定より戻ってきました。
PCGS UNC Detailのグレードでリペアと記入がありますが、どこをリペアしたのかは見た目にはわかりません。
さて、16世紀は南のオスマン帝国が最盛期を迎え、地中海を中心に領土を広げてゆきました。
ハプスブルク家の神聖ローマ帝国もオスマントルコの脅威にさらされ、ウイーンは
2度にわたって包囲されました

1度目は1529年カール5世の時、2度目は約150年後の1683年、レオポルト1世の時。
幸いにも2度ともウイーンが占領されることはありませんでした。
その解放を祝って発行されたのがこの6ダカットメダルであります。
おもて面はレオポルト1世、1683年の年号が入っています。
裏面はカール5世、1529年という年号入りです。
レア度を示すRが3つ、RRRという超レアなメダルです。
状態はすこぶる良く厚さは1mm程度ですが、人物のカメオ状態が1mmほどづつあります。
直径37.87mm 重さ20.59gの素晴らしいアンティークメダルです。
https://www.premiumgoldcoin.com/c-item-detail?ic=A000000232