アメリカ1915年パナマパシフィック50ドル金貨NGC MS64

太平洋と大西洋を結ぶパナマ運河は1914年に完成しました。
このおかげでアメリカ東海岸と西海岸が海運で行き来できるようになりました。
元々はハプスブルク家のカール5世の構想だったらしいのですが、それ以降400年の歳月の後にやっと完成した運河です。
それによりクルーズで世界一周などがより簡単になりました。
その完成記念で発行された50ドル金貨は8角形のものと円形のものがあります。
アメリカの金貨の中では最も大型です。
コリント式のヘルメットをかぶった現代風のアテナ神と古代ギリシャのテトラドラクマに描かれているフクロウがモチーフです。
1,450万円まででお取り寄せができます。