News

アジアとヨーロッパでの貴金属市場が発狂

トランプ大統領と夫人が、COVID-19ウイルス陽性だったことが発表された後、アジアとヨーロッパの貴金属市場は狂ったようになりました。 まず、金価格はすぐに1,888ドルまで下落し、その後、価格は30ドル上昇して1,918ドルまで上昇した後、落ち着きを取り戻しました。 今日は労働局から失望的な雇...

詳しくはこちら

イギリス ジョージ4世プルーフクラウン銀貨PF62+

    こちらは名高きウィリアム・ワイオンの傑作の1つ。 彼はウナ&ライオンやビクトリア女王のレリーフデザインなど傑作を多数手がけています。 世界中を魅了して大ファンが多いと言われている5ポンドプルーフ金貨、実物を拝むことすら難しい逸品と言われています。 そしてその5ポンド金貨...

詳しくはこちら

プロのバイヤーは金価格を少し上昇させる

欧州からの新たな買いが入り、金価格は1オンスあたり1,900ドルの重要なサポート/レジスタンスレベルの上に戻ってきました。 米国での取引が始まると、金価格はプロのバイヤーによる買いで少し高く動きました。 これは、強いドルインデックスに直面したためです。 今週の初めに述べたように、1,900ドル...

詳しくはこちら

金はキーレベルの周辺で取引される

昨晩の欧州取引で1オンスあたり1,880ドルの安値に達した後、金は買い手を見つけました。 金の取引が米国に入ってくると、ドルインデックスが強まる中でも、金は1,900ドルを一度乗り越えました。 今日の取引のほとんどの間、金はキーとなる1,900ドルの周辺で取引されています。 本日(2020/9...

詳しくはこちら

米ドルインデックスの安値と金価格の上昇が重なる

本日は、米ドルインデックスの安値と金価格の上昇が重なりました。 米ドルインデックスは94レベルを下回り、金は1オンスあたり1,900ドルに向かっています。 金が1,900ドルレベルを突破し、取引日が数日経過したら、金市場のこの変動は終わったと言えるでしょう。 一部の貴金属アナリストは、今夜の大...

詳しくはこちら

週末の安値を受け、長期にわたるラリーが予想される

週末のアジア取引では、金価格は1オンスあたり1,848ドルの安値に達しましたが、その後は上昇に転じました。 金の取引が欧州に入ってくると、金価格は堅調な需要に支えられて、1,850ドルと1,860ドルを突破しました。 米国で金の取引が始まる頃には、ドル安が進み、金は1オンスあたり1,870ドルを...

詳しくはこちら