イギリス1691年ウイリアム &メアリ 5ギニー金貨 NGC XF45 エレファント&キャッスル

 
本日は、【約300年前の大型金貨】のご紹介です。
デザイン性に富んだコインが多く、国家としても人気の高いイギリス。
ウナとライオンを中心にまだまだこれから価格の上昇が見込まれる、希少金貨銀貨にあってさらに極希少な5ギニー金貨でございます。
状態の良いものが極端に少なく、世界中の富裕層コレクターが目を付けた途端、その値上がりは凄まじく、また手放さない方が多いので滅多に市場にも出て参りません。
今回は私共のお客様よりのご依頼により、この極希少な1枚をご案内させていただけることとなりました。

今回ご紹介の【1691年5ギニー金貨】はNGCにより16枚のみ鑑定されています。
そのうちMS63がたったの1枚。
多くの5ギニー金貨が、Repaired(修正)、Cleaning(洗い)等々のデメリット表示が付くなどしてきちんと鑑定番号がつかないものがほとんどですが、こちらはXF45の鑑定がついております。
いかに現存数が極端に少なく、またグレードのつく状態の良いものが少ないか思い知らされます。

表面:手前 (向かって左側) がウィリアム3世、奥 (右側)がメアリー2世です。
ラベルには記載がありませんが、よく見るとウィリアムの首の下あたりに【エレファント&キャッスル】が付いています。
一般的にエレファント&キャッスルがついている5ギニーは、ついていない5ギニーより人気が高いものとなります。
アフリカのギニアから来た金で作られたもののみエレファント&キャッスルがつきます。
刻印【GVLIELMVS・ET・MARIA・DEI・GRATIA】
日本語訳:神の庇護を受けしウィリアムとメアリー
裏面:王冠を頂く4つの紋章と、ナッサウ家の紋章のライオンが描かれた盾。
百合はフランス、ハープはアイルランド、一頭の立ち姿のライオンはスコットランド、中央部にウィリアムの出身であるオラニエ・ナッサウのライオン紋章が描かれています。
刻印【MAG・BR・FR・ET・HIB・REX・ET・REGINA・1691】
日本語訳:グレート・ブリテン、フランス、アイルランドの国王

名誉革命(1689年)でオランダより招聘されたウィリアム3世は、イングランド王チャールズ1世の孫にあたり、妻のメアリー2世 (ジェームズ2世の長女) と“共同統治者”として即位したためコインの肖像もダブル・ポートレートで描かれています。
ウィリアム3世と、妻のメアリー2世による、イギリス史上唯一の「共同統治」で国王が同時に2人存在した貴重な時代。
この2人の5ギニーは1691~1694年の4年間の発行で、1691年は初年度に当たります。
また、ウィリアム3世の5ギニーの中では1701年発行のみFine Works(ファインワークス)と言われております。
この年の5ギニーは他の年と比較しても、やはり非常に綺麗に仕上がっているのがお分かりいただけるかと思います。
620万円でお譲りいただけるとのことです。
https://www.premiumgoldcoin.com/c-item-detail?ic=A000000687