オーストリア1916年フランツ ヨーゼフ崩御メダルPCGS SP63

 
ハプスブルク家最後の皇帝、フランツ ヨーゼフのゴールドメダルです。
コインに描かれているより後の最晩年の彼の顔を左向きで捉えています。
ハプスブルク家はヨロッパの中で絶頂期を迎えた後、だんだん衰退して行き第一時世界大戦でなくなってしまいますが、その最後の(正確にはもう一人)帝王です。
奥様のエリザベートは当時のヨーロッパの美女として名高く、とても愛していました。
戦争には負け続けた彼ですが、温厚な人柄のため民衆にはとても人気がありましたし、今もそのようです。
86歳の生涯をウイーンのシェーンブルン宮殿で閉じたのが1916年。
国王で崩御メダルが残った人は他にありません。
それほど敬愛されていたのではないかと思います。
PCGS SP63のついたゴールドメダル。
38万円でお取り寄せいたします。