古代ギリシャ フィリッポス3世スターテル金貨 NGC MS打刻5/5表面状態3/5 Fine Style

¥1,580,000 ¥
Warning: number_format() expects parameter 1 to be float, string given in /home/premiumgold/premiumgoldcoin.net/public_html/jetb/wp-content/themes/jetb-press13/single-item.php on line 43
(非課税)

¥1,580,000(非課税)

ご購入はこちら

今回ご紹介の金貨はフィリッポス3世の治世下、古代都市アビドゥスで発行されました。

このスターテル金貨の意匠は、先々代の王 フィリッポス2世が発行した金貨をそのまま踏襲しています。

 

フィリッポス3世はマケドニアの国王で、若い頃はアリダイオスという名前で呼ばれていました。

アレクサンドロス3世(アレキサンダー大王)の異母兄としてご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

息子を王にしようとするオリュンピアスに毒殺されそうになりますが障害が残り、一度は位継承争いから脱落します。

しかしアレクサンドロス3世の死後、後継者がいなかったので彼の後をついで国王になった人物です。

 

直径約18mm、重量約8.57gm。

表面:月桂冠を戴く光明神アポロの横顔像が打ち出されています。当時、マケドニア王国はアポロの神託で知られるデルフォイの隣保同盟に二議席を有していました。金貨の表面に表現されたアポロ神は、マケドニア王が神によって庇護されていることを示すと共に、王国の権威を高める意匠でもありました。

裏面:レース用のビガ(二頭立て馬戦車)を走らせる戦車乗り。

右手にケントロン、左手に手綱を持っています。

下部には発行者フィリッポスの名銘「ΦΙΛΙΠΠΟΥ」が刻まれています。

このデザインはBC352年(またはBC348年)のオリンピア競技祭で、マケドニアの選手が戦車競走で優勝した場面を表現しているとされています。

 

青年神アポロの巻毛の短髪や月桂冠、ふっくらとした若々しい頬、生きているような目など、非常に細かい部分まで確認できます。

また裏面のビガの躍動感も素晴らしく、芸術的な造型です。

NFCにより【MS 打刻5/5 表面状態3/5 Fine Style】という素晴らしい評価も得ており、とても美しい1枚と言えるでしょう。

この金貨が2300年もの間、奇跡的に大切に保存されて現代に伝わったことが分かります。

158万円でのお取り寄せでございます。