イギリス1902年エドワード7世5ポンド金貨 NGC MS63

¥1,480,000 ¥
Warning: number_format() expects parameter 1 to be float, string given in /home/premiumgold/premiumgoldcoin.net/public_html/jetb/wp-content/themes/jetb-press13/single-item.php on line 43
(非課税)

¥1,480,000(非課税)

ご購入はこちら
エドワード3世は、1842年に洗礼を受けた後、父アルバートとヴィクトリア女王の父エドワードの名前から「アルバート・エドワード」と名付けられました。
愛称は「バーティー」。
母、ヴィクトリア女王の在位が長かったため、長い長い皇太子の時期を経て59歳で即位。
在位は1901年〜1910年の9年という短い期間でした。
在位期間が短かったため、エドワード7世のコインは種類も数も少なく、大変希少です。
彼は特に語学力に優れていて、ドイツ語やフランス語を話すことができ、1852年の初外遊でフランスを訪れた際、当時のフランス皇帝ナポレオン3世に大変可愛がってもらい、同行した馬車の中で「あなたの子供に生まれたかった」と呟いたというエピソードは有名です。
またイギリスと関係が緊張していたロシアとの状況を改善、外交では敵対視していたギリシャ、トルコ、エジプトの3国を、お得意の流暢な語学を活かして仲を取り持つなどピースメーカーとしても活躍します。
人付き合いを重視し他国との友好を高めるパワーを持つバーディー。
ヴィクトリア女王の没後、国王エドワード7世となってからもバーディー時代に培った人脈を生かし、英露協商、英仏協商、露仏協商、日英同盟と合わせて英仏日露の4カ国関係の安定力を注ぎました。
また、65種類の勲章を受けており、この数は現女王エリザベス2世に次ぐ多さだと言われています。
 
エドワード7世5ポンドは、1902年単年度発行のみで、ミントステイトと呼ばれる通常発行金貨が発行35.000枚のうち27.000枚が溶解されて残り8.000枚程度。
さらに、マットプルーフ(艶消し)金貨も8.000枚発行でいずれも少なく、市場でも出回ることが少ない為なかなか出会うことができません。
状態評価が非常にシビアになっており、なかなか良い数字が付きにくいコイン。
NGCによる鑑定は107枚のみで、こちらはその中でも準最高鑑定。
上にはMS64がたった2枚存在するだけでございます。
5ポンドが市場からなくなりつつある今、ここまで綺麗なエドワード7世の5ポンドには、今後滅多にお目にかかれないかもしれません。
148万円でのご案内となります。