イギリス1902年エドワード7世 大型戴冠金メダルPCGS SP62

¥2,580,000 ¥
Warning: number_format() expects parameter 1 to be float, string given in /home/premiumgold/premiumgoldcoin.net/public_html/jetb/wp-content/themes/jetb-press13/single-item.php on line 43
(非課税)

¥2,580,000(非課税)

ご購入はこちら

 

英国エドワード7世の戴冠式を記念して王立造幣局(ロイヤルミント)が製造した金メダルです。

金・銀・銅のメダルがあり、金銀は56mmと31mmの2種類の大きさがあります。

戴冠式に出席したゲスト、王家、高官、奉仕担当者に発行されたものです。

 

表面はエドワード7世、裏面は王妃のアレクサンドラで、どちらも右胸像のデザインで、戴冠式の豪華な正装が分かるデザインとなっており、1902年8月9日の戴冠式の日付が刻印されています。

 

表面:エドワード7世の右胸像。

刻印【EDWARD VII CROWNED 9. AUGUST 1902】

裏面:アレクサンドラ王妃の右胸像。

刻印【ALEXANDRA QUEEN CONSORT  9. AUG. 1902】

直径約56mm、重量約92g。

発行枚数861枚。

 

当初エドワード7世の戴冠式は1902年6月26日に予定されていましたが、直前にエドワードが虫垂炎を患ったため回復を待って、8月9日に改めてウェストミンスター寺院で挙行されました。

造幣局のレポートによりますと、当初は6月26日の日付で大量の戴冠メダルが準備されていたのですが、すべて回収されたようです。

ただしこの日付で試鋳貨もあり、それは大変レアなメダルとなっています。

大型金メダルは1410枚、小型金メダルは9850枚が溶解されたようです。

今回、ご紹介するこちらの大型金メダルは、1902年~1903年にかけて発行されており、1902年に717枚、1903年に161枚、合計で878枚発行、そのうち861枚が販売されました。

258万円でのお取り寄せでございます。