イギリス1673年チャールズ2世5ギニー金貨NGC XF40

¥3,880,000 ¥
Warning: number_format() expects parameter 1 to be float, string given in /home/premiumgold/premiumgoldcoin.net/public_html/jetb/wp-content/themes/jetb-press13/single-item.php on line 43
(非課税)

¥3,880,000(非課税)

ご購入はこちら

ギニー金貨が発行されたのはチャールズ2世の時代から始まり、最終的に1817年の貨幣法によって『ソブリン金貨』に移り変わるまで続きました。

1663年から5ギニー金貨が発行されていましたが、それまでは年代が記されておらず、1668年に発行されたものから年代が刻印されるようになりました。

そのため、5ギニー金貨の中では1668年が初年号と言われています。

この年代が記されている5ギニー金貨は、17の異なる年代と6種類のデザインが存在しています。

ギニーとはアフリカ・ギニアの金を用いて鋳造されることから名付けられました。

地金を供給していた王立アフリカ会社のシンボルマークである象や城を刻印したタイプもございます。

こちらの1673年銘は、それらの刻印が無い初期タイプとなります。

 

表面:月桂冠を戴いたチャールズ2世の右頭像。

刻印【CAROLVS.II  DEI.GRATIA】

裏面:ライオン、剣、馬、王冠、ハープのモチーフ。

刻印【M AG BR FRA ET HIB  REX】

エッジ刻印【VICESIMO QVINTO】

直径約37.2mm、重量約41.75g。

 

ここ近年で5ギニーの需要が高まり、市場から姿を消しつつあります。

状態の良い鑑定済コインが少なく、希少性の高い5ギニー金貨です。

MS鑑定は価格が急上昇し、手に入らないまさにお宝状態。

NGCにより、1673年銘の5ギニーも例外ではなく、たったの8枚のみしか鑑定されていません。

こちらの5ギニーにはXF40の鑑定が付けられています。

388万円でのお取り寄せでございます。

 

イギリス5ギニー金貨とは・・。

イギリスで1600年代から1700代にかけて鋳造された大型の金貨(重量は約40グラム)で、当時の最高額面のコイン。

ここ数年で価格が上昇しており、稀少価値が高まっています。