イギリス スコットランド1633年チャールズ1世戴冠銀メダル PCGS MS62

¥850,000 ¥
Warning: number_format() expects parameter 1 to be float, string given in /home/premiumgold/premiumgoldcoin.net/public_html/jetb/wp-content/themes/jetb-press13/single-item.php on line 43
(非課税)

¥850,000(非課税)

ご購入はこちら

チャールズ1世戴冠銀メダルのご紹介です。

1625年3月、父の死去に伴い王位を継承しイングランド・スコットランド・アイルランド王チャールズ1世に即位。

こちらのメダルは即位から数年経った1633年発行です。

在位は1625年〜1649年。

 

表面:チャールズ1世の左胸像。

刻印【CAROLVS DG SCOTIÆ ANGLIÆ FR ET HIB REX】

裏面:スコットランド国家のアザミ。

刻印【HINC NOSTRÆ CREVERE ROSÆ】

Nicolas Briot氏によりデザインされました。

裏面にBと刻印があります。

直径30mm、重量12.0g。

 

こちらはPCGSによりMS62の鑑定が付けられています。

チャールズ1世時代のメダルとしては非常に高いグレードで、PCGS,NGCにおいて認定された唯一のMS評価を得ています。

他のどのメダルより数グレード高い評価です。

 

 

イギリス海軍の父と呼ばれたサミュエル・ピープスによる有名な言葉。

(サミュエル・ピープスの日記より)

「そして、3回にわたり、武器王が足場の上の3つの開いた場所に行き、チャールズ・スチュアートがイングランド王になれない理由を示す者がいれば、今すぐに来て話すようにと宣言した。また、大法官によって一般的な赦免状が読み上げられ、コンワリス卿によって銀のメダルが上下に投げられたが、私は何も手に入れることができなかった。」

サミュエル・ピープス – 1661年4月23日